日本縦断!ユニークなサービスエリアはここだ!


自動車で国内旅行をするとき、高速道路を利用する人は多くいることと思います。長距離になればなるほど必ずと言って良いほど立ち寄るのがサービスエリアではないでしょうか?今回は旅の思い出に陰ながら力添えをする高速道路のサービスエリアに焦点を当てて「日本三大サービスエリア」をご紹介します!
ところで、よく「日本三大〇〇」という表現を耳にしますが、何を基準にしているのでしょうか?大きさ?それとも経済効果?今回の記事では「日本三大隠れ家的サービスエリア」と題してお送りします!

スリルが味わえる!?


北海道の旅は車が最高!ということで東日本代表は、北海道の道央自動車道にある有珠山SAにしました。このサービスエリアの売りはズバリ「景色」。有珠山・羊蹄山と北海道を代表する山々を見ることができます。今でも活動している有珠山の煙が確認できるのは、このサービスエリアだけではないでしょうか?いつ噴火するかわからないのでちょっとドキドキです。展望所もあるので目の疲れを癒すには最適!ドライブに疲れたら有珠山SAでちょっと一息つきましょう。白老町も道央自動車道と接しており、このSAではここだけ限定白老牛のハンバーグが味わえます!
有珠山SAを利用するのは主に札幌と洞爺湖町・室蘭市方面を行き来する時なので、洞爺湖温泉に浸かりたい時は立ち寄ってみると良いですね。
ところで「北海道をドライブしたら免許証の点数が減る」と言うのは都市伝説ではありません。北海道の道路は広々としており、ついついスピードを上げすぎてしまわないように注意が必要です!

刃物が買えるSA?!


中部地方にはクオリティの高いサービスエリアがいくつもあってなかなか候補が決まりません。きっと自動車の往来が激しく、サービス競争も激化しているのでしょう。「中部地方三大サービスエリア」でもう一記事書けそうなくらい控えの選手が多いのですが、今回は隠れ家的サービスエリアの紹介ということで、有名どころには辞退してもらいましょう。
さてそんなサービスエリア激選区から選ばれたのは東海北陸自動車道の関サービスエリア。岐阜県にあります。通らない高速のSAは全く耳にしないということはよくありますが、関SAもそんなに大きくはなくちょっと地味。でも、レストランで飛騨牛を食べることができるので寄ってみる価値は大!関市は刃物で有名な町でもあるので、「最近家の包丁の切れが悪い…」と感じていた人は関SAでお買い物をしても良いかもしれません。包丁以外にも爪切りなどもありますよ。

超貴重なあかうしがここにも!


隠れ家的SAということで地味なラインナップでお送りしていますが、最後の西日本代表は、四国の高知自動車道から南国SAです!高知と言えばカツオのイメージが強いですが、おススメは土佐のあかうしを使ったハンバーグ!年間数百頭しか生産されない貴重なお肉をここ南国サービスエリアで堪能することができます。もちろんカツオを使った料理もあるので、魚料理が好きな人はカツオのたたき定食を注文すると良いでしょう。他の多くのサービスエリアにもありますが、南国SAも例に漏れずドッグランがあるので、車の中で退屈していたワンちゃんを運動させることもできますね。

SA巡礼で日本を制覇!


以上が「日本三大隠れ家的サービスエリア」でしたが、読み返してみると「日本三大牛肉がうまいサービスエリア」と言うこともできそうですね。サービスエリアはその地域の名産品を凝縮しているので、SAを巡るだけでもその土地の特色を存分に味わうことができます。観光の時間が限られていて高速から降りられない時も、ちょっとサービスエリアに寄ってみれば、手軽に観光気分が味わえますよ。