東京旅行で上手に行動する方法


行く街の名前がついた駅で降りない

東京旅行で、自分の行きたい街に行く場合に、その街の名前がついた駅で降りようとすると、効率が悪くなることがありますので、注意が必要です。例えば、新宿三丁目駅にいて、次に秋葉原に行こうとした場合には、途中の市ヶ谷駅で総武線に乗り換えれば秋葉原駅に行くことができますが、乗り換えなどせず、都営新宿線で岩本町駅まで行き、地上を少し歩けば秋葉原の街に行けます。秋葉原の駅まで歩いて行ったとしても時間は乗り換える時と大して変わりません。しかも、乗り換えせえずに一つの路線で行った方が料金は安いですから、この方が良いとも言えます。

次の目的に乗る時には乗車駅に注意

新宿の街から秋葉原にやってきて、今度は上野の街に行こうと思った場合には、秋葉原の駅に戻って、京浜東北線や山手線で上野駅に行く方法もありますが、秋葉原の街のいる位置によっては、銀座線の末広町駅から行った方が早い場合があります。もし、どちら側からでも良いからアメ横を歩いてみたい、と言うことなら、上野広小路駅で降りれば、アメ横の入り口はすぐです。なお、東京は駅と駅の間隔が短い所が多く、一駅ぐらいはすぐに歩けてしまいますから、いちいち駅に行って電車を待って移動するよりも、歩いてしまった方が効率が良い時がありますので、意識しておくと良いでしょう。