イタリアらしさを満喫するなら、「南イタリア」へどうぞ!


北部と南部で大きく違うイタリアの街

イタリアは南北に広がる長靴型のイタリア半島を中心とした国で、大きく分けると北部・中部・南部の3つの地域に分けることができます。ミラノやトリノなど産業や工業の盛んな北イタリア、ローマなどの古代遺跡や美術館の多い中部イタリア、そしてナポリやシチリアなど地中海に面していて農業や観光の盛んな南イタリア。

北部と南部とでは気候や文化、食べ物なども大きく違っていますが、ピザやオリーブオイルなどのいわゆる「イタリア料理」は主に南部イタリアの料理が多く、イタリアの中でももっともイタリアらしい地域が南イタリアだといえるでしょう。そこでそんな南イタリアの魅力を少しだけご紹介してみます。

南イタリアの魅力・観光スポット

南イタリアでもっとも有名なスポットと言えば、やはりナポリ。イタリア民謡「サンタ・ルチア」で有名なナポリは、「ナポリを見て死ね」と言われるほど風光明媚な、イタリアでも屈指の観光都市です。12世紀の古城ヌォーヴォ城や数多くの博物館・美術館のほか、通りに洗濯物の翻る庶民的な下町の風景もナポリの名物となっています。またナポリから1時間ほどで行けるカプリ島には、有名な「青の洞窟」があり、世界中から多くの観光客が訪れています。

そして地中海に浮かぶ最大の島、シチリア島。長い歴史と独自の文化を持つシチリアは、沢山の遺跡や魚介類のグルメが魅力の島です。

他にも最近日本映画で有名になったアマルフィなど、多くの観光スポットのある南イタリア。イタリアらしさを満喫するなら南イタリアがおすすめです。