自転車旅行は到達感がハンパない


ママチャリより速く、車よりも遅い

旅行の移動手段として自転車を使うことは非常に面白い。ほとんどの自転車旅行で選ばれるのは、ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・ランドナーなどのいわゆるスポーツバイク。このスポーツバイクは、ママチャリより断然早いので、サイクリングしていて非常に爽快感がある。しかし、スポーツバイクとはいえ自転車なので車よりは遅い。この独特のスピード感が自転車旅行を楽しませる。1日100kmはすぐに走行できるようになるので、片道50km以内であれば日帰り旅行・サイクリングが楽しめる。多摩川サイクリングロードだと河口から羽村までが片道50km弱。多摩川サイクリングロードを端から端まで1日で走れる。

自分の脚力でたどり着いたとき、達成感がハンパない。

旅行の移動手段として自転車を使うことは、車や電車と違って移動で自分の体力を消費することになる。スポーツバイクで移動する場合、ママチャリで近所しか移動しなかったころと決定的に違うのは、長時間乗るので疲れる。向かい風は走行スピードに大きく影響がでるし、漕ぎ続けることでお尻や膝、場合によっては太腿や膝にも影響します。そういう状態でもひたすら漕ぎ続けて、何時間後にようやく目的地に着いた時「自転車でここまで来たんだー!」という壮大な達成感が湧いてきます。いつもは車や電車でしか来たことがなかった観光地に自転車で来たと場合などは、嬉しさ倍増です。