予定を立てないバイク旅行の方が楽しい?


事前に調べるのは目的地と周辺ルートだけ

バイク旅行は休憩場所、走るルート、食事場所などはできるだけ調べないほうが、かえって楽しかったりします。事前に調べて、その通りの計画をすると、いざ現地に行った時の赴くままの感覚・感情よりも計画通りに実行することが優先されてしまうためです。想像を絶する景色を見た時の圧倒的な壮大感は、事前に知っていると知っていないとで大きく異なります。「こんな場所があったのか!」と感動するのは余計な情報が入ってないことが大きいです。道路にしても、山々に囲まれた絶景ルートや夕日が落ちる絶景のシーサイドラインを初めて見た時「こんな場所があったのか!」と必要以上に、そこで休憩を入れてしまい、少しでも多くの感動を味わおうとしてしまうものです。

必要な荷物はツーリングギアとツーリング用地図と財布だけ

日帰り限定になってしまいますが、バイク旅行に必要な荷物は雨具や防寒具などのツーリングギアと、知らないところに行く時に役立つツーリング用地図と、旅行中に使用するお金を入れる財布だけです。この3つさえあれば十分バイク旅行は楽しめます。もちろんヘルメットやグローブも必要ですが、それは旅行のときだけでなくバイクに乗るときに必要なので、ここでは割愛します。通気性のよいツーリングギアであれば真夏でも着ていて暑くないし、ツーリング用の地図はタンクバックに入れるので荷物にならないし、財布はズボンのポケットに入れればいいので、どんなに長距離でもこれだけで十分です。従って日帰りのバイク旅行はほぼゼロの荷物で楽しめるし、荷物がバイクの運転を妨げることはありません。